医療レーザー脱毛と光脱毛

医療レーザー脱毛はクリニックでの脱毛で、光脱毛はエステ脱毛ということになります。
同じようなメカニズムでの脱毛ですが、医療用レーザーを使うか光を使うかで違ってきますが、どちらも毛根に熱のダメージを与えて脱毛していきます。何回も繰り返すことで永久脱毛を行うことができます。
ただしエステ脱毛では永久脱毛という言い方は法律上できないため、完全脱毛という言い方になりますが、どちらも脱毛をしなくてもいいようにできるわけです。

でもとても似ていても両者には違いがあります。
一つは脱毛の回数で、いわゆる完全に脱毛するまでの回数が医療用レーザー脱毛は5~7回程度であるのに比べ、光脱毛の方は7~10回程度となっています。そういう意味では医療レーザー脱毛の方が早く終了するというメリットがあります。

また医師の施術による医療用レーザー脱毛は、トラブルにもすぐに医師が対応できます。そういう意味でもエステシャンの行う光脱毛より安心と言えそうです。
その代わり無保険診療ということで、脱毛料金は光脱毛の3割高~5割高になるところはちょっとデメリットになります。
安全と価格のどちらを取るかはそれぞれの考えになりそうです。
このように医療用レーザー脱毛と光脱毛では違いがいくつかあることも、選択するときに比べてみましょう。

医療レーザー脱毛と永久脱毛

医療レーザー脱毛機器を使って脱毛をすると、永久脱毛を行うことができると提示できます。つまり永久脱毛という言葉が使えるのです。
実際には永久脱毛は永久というイメージとはちょっと違うようですが、サロン脱毛ではこの言葉を使うことができません。

医療レーザー脱毛機器での脱毛の永久脱毛の定義をまとめてみましょう。特に法律としてのものはなく、アメリカの脱毛協会の決めた永久脱毛についての定義を、日本でもそのまま使っているような状態です。
まず医療レーザー脱毛を再生のサイクルに合わせて何回か行います。そして最終脱毛と決めたときの1カ月後に、再生が20%以下であれば永久脱毛できているという定義なのです。

そしてその時点で20%以上の再生があれば、まだもう少し脱毛を繰り返すことが必要だということになります。またそのときは20%以下でも、数年たった後には100%近く再生してしまうという場合もないとは言い切れません。
その辺は体質の問題になり、脱毛施術の問題ではないということになるのです。つまり数年後にまた生えてしまったらそれは施術のミスではなく、また脱毛をしなければならない体質だということなのです。
もちろんそういう人は本当に小数で、多くの人は少しは生えるようになっても、ほとんど生えなくなるという状態になります。

医療レーザー脱毛のトラブル

医療レーザー脱毛は医師が行う施術なので安心度も高い脱毛です。しかし少しのトラブルが起こるのは仕方ないことかも知れません。
まず意外と多いトラブルとして皮膚がヒリヒリするというものです。またそれによってむくみが出ることもあります。

これは皮膚がレーザーによって受けた炎症反応というものです。肌の質にもよりますが、数日感はヒリヒリすることもあります。
医師がすぐに診断して処方もしてくれるのでそういう意味でも安心です。
しかしほとんどは自然治癒で治ります。またレーザーの熱は毛穴のバリア機能を抑制してしまうことがあります。

その毛穴に雑菌などが入ってしまうと、そこから炎症を起こしてしまうこともありますが、そんなにひどくならず自然治癒がほとんどです。
もちろん抗生物質の軟膏などの処方もしてもらえます。レーザー脱毛をすると、このような理由からニキビや吹き出物ができてしまうこともありますが、一時的なものなのであまり気にすることはないでしょう。
ほとんどのクリニックでは最終脱毛から1年ないし2年の保証期間が付いています。それまでにまた満足できない毛の再生があったときにも、きちんと対応してくれます。
どうしても脱毛がまた再生したときなども保証期間以内なら安心です。

医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は今、エステ脱毛とともに日本でも多くの女性が利用するようになりました。医療レーザー脱毛機器を使うのはクリニックでの脱毛です。
エステ脱毛はレーザーではなくフラッシュを利用した脱毛機器での脱毛となります。
レーザー脱毛は毛根と毛根の周辺にレーザーを当てることで、毛根にダメージを与えて1週間程度で抜けてしまいます。そしてレーザーを全身または希望の部分当てることで毛根から脱毛ができるのです。
次の発毛のサイクルに、また同じような毛根からの脱毛を行い、これを何回か繰り返すと永久脱毛ができます。その回数は約5~6回がほとんどです。

1回脱毛をすると、次のサイクルは約2カ月後と言われています。つまり1年弱で永久脱毛ができるのです。
これは1カ所でも全身でも1回に脱毛は短時間でできるので、かかる期間は変わりません。それより剛毛の部分はやはり永久脱毛まで期間がかかる場合もあるようです。

レーザー脱毛をしているときにやってはいけないことは日焼けです。皮膚自体が黒くなるとレーザーで焼けてしまうので、脱毛期間中には日焼けをできるだけ注意するようにしなければなりません。
最近はサロン脱毛がとても価格競争が激しくなってきたことから、レーザー脱毛も随分価格が落ちてきたとも言われています。

またレーザー脱毛の施術は医師の免許を持っていないとできない法律があるので、医師によっての施術ということも魅力的です。なにかトラブルがあっても安心です。
そういう意味ではエステ脱毛メリットがあるのではないでしょうか。