医療レーザー脱毛と永久脱毛

医療レーザー脱毛機器を使って脱毛をすると、永久脱毛を行うことができると提示できます。つまり永久脱毛という言葉が使えるのです。
実際には永久脱毛は永久というイメージとはちょっと違うようですが、サロン脱毛ではこの言葉を使うことができません。

医療レーザー脱毛機器での脱毛の永久脱毛の定義をまとめてみましょう。特に法律としてのものはなく、アメリカの脱毛協会の決めた永久脱毛についての定義を、日本でもそのまま使っているような状態です。
まず医療レーザー脱毛を再生のサイクルに合わせて何回か行います。そして最終脱毛と決めたときの1カ月後に、再生が20%以下であれば永久脱毛できているという定義なのです。

そしてその時点で20%以上の再生があれば、まだもう少し脱毛を繰り返すことが必要だということになります。またそのときは20%以下でも、数年たった後には100%近く再生してしまうという場合もないとは言い切れません。
その辺は体質の問題になり、脱毛施術の問題ではないということになるのです。つまり数年後にまた生えてしまったらそれは施術のミスではなく、また脱毛をしなければならない体質だということなのです。
もちろんそういう人は本当に小数で、多くの人は少しは生えるようになっても、ほとんど生えなくなるという状態になります。