医療レーザー脱毛のトラブル

医療レーザー脱毛は医師が行う施術なので安心度も高い脱毛です。しかし少しのトラブルが起こるのは仕方ないことかも知れません。
まず意外と多いトラブルとして皮膚がヒリヒリするというものです。またそれによってむくみが出ることもあります。

これは皮膚がレーザーによって受けた炎症反応というものです。肌の質にもよりますが、数日感はヒリヒリすることもあります。
医師がすぐに診断して処方もしてくれるのでそういう意味でも安心です。
しかしほとんどは自然治癒で治ります。またレーザーの熱は毛穴のバリア機能を抑制してしまうことがあります。

その毛穴に雑菌などが入ってしまうと、そこから炎症を起こしてしまうこともありますが、そんなにひどくならず自然治癒がほとんどです。
もちろん抗生物質の軟膏などの処方もしてもらえます。レーザー脱毛をすると、このような理由からニキビや吹き出物ができてしまうこともありますが、一時的なものなのであまり気にすることはないでしょう。
ほとんどのクリニックでは最終脱毛から1年ないし2年の保証期間が付いています。それまでにまた満足できない毛の再生があったときにも、きちんと対応してくれます。
どうしても脱毛がまた再生したときなども保証期間以内なら安心です。