医療レーザー脱毛について

医療レーザー脱毛は今、エステ脱毛とともに日本でも多くの女性が利用するようになりました。医療レーザー脱毛機器を使うのはクリニックでの脱毛です。
エステ脱毛はレーザーではなくフラッシュを利用した脱毛機器での脱毛となります。
レーザー脱毛は毛根と毛根の周辺にレーザーを当てることで、毛根にダメージを与えて1週間程度で抜けてしまいます。そしてレーザーを全身または希望の部分当てることで毛根から脱毛ができるのです。
次の発毛のサイクルに、また同じような毛根からの脱毛を行い、これを何回か繰り返すと永久脱毛ができます。その回数は約5~6回がほとんどです。

1回脱毛をすると、次のサイクルは約2カ月後と言われています。つまり1年弱で永久脱毛ができるのです。
これは1カ所でも全身でも1回に脱毛は短時間でできるので、かかる期間は変わりません。それより剛毛の部分はやはり永久脱毛まで期間がかかる場合もあるようです。

レーザー脱毛をしているときにやってはいけないことは日焼けです。皮膚自体が黒くなるとレーザーで焼けてしまうので、脱毛期間中には日焼けをできるだけ注意するようにしなければなりません。
最近はサロン脱毛がとても価格競争が激しくなってきたことから、レーザー脱毛も随分価格が落ちてきたとも言われています。

またレーザー脱毛の施術は医師の免許を持っていないとできない法律があるので、医師によっての施術ということも魅力的です。なにかトラブルがあっても安心です。
そういう意味ではエステ脱毛メリットがあるのではないでしょうか。